お客様にお願い(見積もりと引っ越し準備)

直前のページへ戻る

Add to Google

文字サイズ:

  • 記事をクリックして大きな画面で見てください

見積もりは?

電話または見積もりフォームにて見積もりいたします
見積もりフォームからの場合はメールにてお返事いたします。
もちろん見積もりは無料です。お気軽にご連絡ください。

また電話や見積もりフォームからの見積もりは概算見積もりです

一度訪問させていただくとより正確でより納得できる見積もりを提出できます。

特に県外への長距離の引越しには訪問させていただき、さまざまな引越しノウハウを付け加えてご提案することによって、より安全で経済的な、見積もりをいたします。

見積もり金額の内容は?

車両一台と作業員1~4人との人件費とお引越しにかかるすべての費用が含まれています。
基本的に見積もり料金以上の金額が発生することはありません(一部例外的に追加料金が発生します)

追加料金が発生する一部例外とは

  • たとえばお客様から伺った荷物の量と大きさなどに大きな誤差がある場合
  • 急遽増車もしくは回数を増やさなければならない場合
  • 当初予定のない経由地に立ち寄る場合
  • 待ち時間が発生する場合。お客様の順備不足により開始時間が遅くなる場合も同様です。

予約申し込みはいつから?

お引越しの予定が決まったらできるだけ早くお申し込みください。
理想的には一ヶ月ほど前でしたら余裕のあるスケジュールが組め、私どもも助かります。

また祝祭日や繁忙期などは早い時期に予約がいっぱいになることもあります。
予約が埋まり次第、当ホームページで掲示いたします。

引越しの前日までの準備はどこまで?

引越し当日までに、ダンボール等の梱包や衣装ケース、布団などを運びやすいようにしておいてください。

タンスなどは引き出しをはずして運搬することが多いので、デリケートな下着類や、プライベートなものは別に梱包していただけるとありがたいです

冷蔵庫は輸送途中に霜が溶けて水がたれることがあります。
前日、就寝前に電源を停め(コンセントから抜いて)霜を溶かしてください(もちろんなかの食品は取り出して)。

石油ストーブはタンクを抜いても灯油が残っています。

輸送途中で油が漏れると、ほかの荷物が使い物にならなくなりますので、タンクをはずして、または灯油を抜いたあと、空焚きをして灯油を燃やし尽くすようにしてください。またはティッシュペーパーなどで残った灯油を吸い取るのが良いようです。

特に長距離の引越しの場合は必ずやってください。


直前のページへ戻る